不動産

家屋を守る役割り

作業員

サンディングの他に、昔から使用されている方法としてモルタルというものがあります。
このモルタルは湿式工法とも言われています。
現在あまり見かけることはなくなりましたが、サンディングが開発される以前には住宅の外壁塗装で一番一般的な工法でした。
サンディングでは得ることのできない、現場で塗装をする風合いなどをいまだに支持している人々もいます。
モルタル外壁を切り取って断面を見ると、下地合板、防水シート、金網、モルタル、塗料の順に重ねてあります。
現在ではラストカットボードという下地合成板に直接モルタルの層を作りその上から塗装することが多いです。
昔に比べて、モルタル外壁を作るまでの作業の工程は簡単になりました。
モルタルというものは、湿式工法といわれているように水分を多く含んでいます。
そのため、時間が経つとどうしても動きやすくなってしまうのです。
一番外側である塗料自体は大丈夫だとしても、髪の毛ほどの細かいヘアクラックなどは短期間ででてきてしまいます。
細かいヘアクラックが少し程度ならばあまり問題はありませんが、太めのヘアクラックが多く出てきてしまうと雨水が侵入してきてしまう可能性もあります。
モルタルの変化でのクラックならばあまり心配はいりませんが、構造上の問題などが関係してくると塗り替えただけでは対応できなくなります。
小さなクラックだとしても、家全体を見直すことが大切です。必要とあれば防水工事も一緒に行わなければなりません。
防水工事や外壁塗装は、安全に施工してもらう必要があるので、信頼できる業者に依頼すると良いでしょう。
東京や神戸には専門の業者も充実しているので、もし自宅などの外壁に気になる箇所がある場合は、東京や神戸で業者探しをするのも悪くありません。

外壁塗装の種類

女の人

外壁塗装には様々な工法がありますが、自宅の外壁に使用されている素材などでその工法を変えることが可能です。中でもサンディングなどは一般的に利用されている工法です。

Read More...

様々な塗料

集合住宅

外壁塗装に使用される塗料には様々な種類がありますが、これを使い分けることで防水工事のレベルを高めることが出来ます。使用する塗料について業者に確認をとってみるのも良いでしょう。

Read More...

外壁塗装の際の注意点

一軒家

サンディング工法を使用して外壁塗装を行なうときにはまず、壁の汚れを落とすなどの工程を踏む必要があります。塗装をしたからと言ってその効果が永久的に続くわけではありません。

Read More...

Copyright ©2016 防水工事と外壁塗装で快適な暮らし~環境改善化運動~ All Rights Reserved.